EXHIBITIONTALK

伊丹豪 | RODIN / starman

[OSAKA PHOTO WEEKS参加企画]osaka-photo-weeks.org
 
mainvisual_GOITAMI-02-01

               参考作品 ©GO ITAMI

 
“イメージの平面化から写真そのものの平面化へ。平面について、そして撮るという行為について。
 前作 ‘this year’s model’ を経て、作家が現在進行形で考える写真についての実践と実験。”

 

 伊丹豪は、2000年代以降、個展やグループ展への参加を中心に積極的に作品発表を続けてきました。2004年にはキヤノン写真新世紀佳作を受賞し、2013年にRONDADEから最初の作品集として刊行された『study』と、それを受けて開催された東京・恵比寿POSTでの同名の個展を経て、作品集『study/copy/print』(RONDADE/2014)や『this year’s model』(RONDADE/2015)を続けて発表。伊丹豪の作品に特徴的な平面性と、高精細であるがゆえに生じる現実感の希薄さとを併せ持つイメージの乱立が、鑑賞者の思考を加速させます。今年2月に当スペースにて開催した作品集『this year’s model』と同名の展覧会では、プリントのみならず“写真を撮る”こと、“写真を見る”ことの再解釈から制作された新たな作品群、プリントとアクリルを組み合わせた作品や映像と蛍光灯を使用したインスタレーションを発表。130平米あまりの空間に作品を展開し、表現の更なる発展を見せています。
 今回新たに展覧会を開催するにあたり、写真の物質としての平面性を再考し、半立体作品やソニーの 4K SXRD™ プロジェクターVPL-GT100 を使用して映像作品を展開、さらに空間的な展示を試みます。

 

 

会 場 中之島バンクス de sign de
会 期 2015年7月25日(土)- 8月16日(日) 月曜休館 終了致しました。
開館時間 11:00~19:00
※7月25日はトークイベントため、17時よりイベント参加のお客様以外は入場不可となります。途中入場も可能ですので、是非ともご参加下さい。
※最終日のみ17:00まで

入場料 無料
オープニングトーク 伊丹豪 × 林田新 [京都市立芸術大学芸術資源研究センター研究員/大学非常勤講師]
会場: 中之島バンクス de sign de >
日程: 7月 25日 (土) 17:00~19:00
参加費: 1000yen
※トークイベント後にオープニングレセプションを開催致します。

 
Go Itami / 伊丹豪
Born in Tokushima, Japan, 1976
 
solo exhibition
2015
de sign de ‘RODIN / starman’ (Osaka)
CIBONE ‘TARANTELLA’ (Tokyo)
de sign de ‘this year’s model’ (Osaka)
2014
Woolloomooloo。Xhibit ‘NEW TACK’ (Taiwan)
howse ‘study/copy/print’ (Osaka)
HAPPA/SAKUMOTO ‘study/copy/print’ (Tokyo)
POETIC SCAPE ‘study’ (Tokyo)
EPSON IMAGING GALLERY epSITE ‘study’ (Tokyo)
2013
Apartment ‘study’ (Morioka)
POST ‘study’ (Tokyo)
MOTTO BERLIN ‘study’ (Berlin)
VACANT ‘sktnkyshi’ (Tokyo)
ON READING ‘sktnkyshi’ (Nagoya)
2012
NEW ACCIDENT ‘sktnkyshi’ (Kanazawa)
art space tetra ‘sktnkyshi’ (Fukuoka)
Calo Bookshop&Cafe ‘sktnkyshi’ (Osama)
 
publication
‘this year’s model’ (RONDADE)
study / copy / print (RONDADE)
study (RONDADE)
 
award
2015
Best Photobooks 2015
 

Hayashida Arata / 林田新
京都市立芸術大学芸術資源研究センター研究員/大学非常勤講師
 
専門は視覚文化論、写真史/写真論。現在は報道写真をめぐる理念と実践に着目し研究を行っている。
主な論文に「長崎の皮膚――『〈11時02分〉NAGASAKI』」(『現代思想』41号、2013年)、「星座と星雲――「名取=東松論争」に見る「報道写真」の諸相」(『映像学』第84号、日本映像学会、2010年)、「写真を見ることの涯に――中平卓馬論」(『写真空間』第4号、青弓社、2010年)など。共訳論文にサンドラ・S・フィリップス「森山大道ストレイ・ドッグ」(『森山大道 オン・ザ・ロード』月曜社、2011年)。
 

RONDADE
さまざまなアートフォームを創造の初期衝動に立ち返り、既成の枠に捉われない形と
方法で表現することを目的に設立されたレーベル「RONDADE」。
 

お問い合わせ
de sign de 事務局(担当: 筒井) Tel 06 6444 4704
 

企画
RONDADE
de sign de >
 

機材提供
ソニー株式会社 / 4K SXRD™ プロジェクター VPL-GT100
 

協力
エプソン販売株式会社
 

opw_small-01
 


RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」
  • this year’s model オープニングトーク