• HOME
  • TALK
  • 私たちの大阪は~OUR OSAKA VISION 2013~
    『ラッパーから見た大阪は』編
TALK

私たちの大阪は~OUR OSAKA VISION 2013~
『ラッパーから見た大阪は』編

ourosakawebB
 
『 私たちの大阪は ~OUR OSAKA VISION 2013~ 』

大阪には、“たこ焼き”ではない差異がある。ならば、大阪らしさとはなにか?
複雑に入り組んだ現代の大阪に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に…。
つまりパブリックイメージの分析、そして21世紀の大阪的なるもの、を参加者で検証、考えてみるトークイベントです。
大阪を新鮮な角度からリスペクトしたい方は勿論、大阪初心者の方こそ、ぜひともご参加くださいませ。
なお、このイベントはde sign deとの共同企画となります。

 

10月28日(月) 19:30~ 『ラッパーから見た大阪は』

ゲスト/Bose(スチャダラパー) SHINGO★西成

司 会 /小田島等(イラストレーター、デザイナー) 中村悠介(IN/SECTS編集部)

今回ゲストには、“日本語ラップ界のいとしこいし”(ⓒ小籔千豊)ことスチャダラパーのBoseさん、
そして“大阪名物”ラッパーSHINGO★西成さんをお迎えし開催いたします。
かねてより大阪芸人との親交も深いBoseさんは“大阪らしさ”を外部からどう捉えている?
そして大阪市西成区出身在住、どっぷり浪花に地に足着いたSHINGO★西成さんが内部から思う“大阪らしさ”とは?
ラッパーのふたりならではのOSAKA VISION、このクロストークにどうぞご期待くださいませ。
※雑誌『IN/SECTS Vol.5』大阪特集号付。トークは約90分を予定しています。

参加費 各回2000円(雑誌『IN/SECTS』Vol.5付)
会場 中之島デザインミュージアム de sign de
予約方法 件名に「OUR OSAKA」と明記し、参加希望の開催日程、お名前、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスをinfo@designde.jp宛にお知らせ下さい。追ってご返信します。

 

Bose(スチャダラパー) Bose(スチャダラパー)

スチャダラパーのMC担当。1990年にアルバム「スチャダラ大作戦」でデビュー以来ヒップホップ最前線でフレッシュな名曲を日夜作り続けている。個人活動としては、テレビ・ラジオ・CM出演、ナレーション、執筆、ゲーマーなど、幅広いジャンルで活動中。2010年にはデビュー20周年を迎え、ベストアルバム『THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010』をリリース。さらに、20周年記念イベントを東京、大阪で開催した。以降毎年、日比谷野外大音楽堂で主催イベントを開催し、2013年は4年振りとなるワンマンライブ『23』を開催。会場ではミニアルバム『6ピース バリューパック』を発売した。毎回主催イベントに合わせて本人達が編集し発表している冊子『余談』や、最新作のCDをライブ会場、オフィシャルホームページ等で発売中。
http://www.schadaraparr.net/ (for PC)
http://mfmobile.jp/sdp/ (for MOBILE)

 

シンゴ★西成 SHINGO★西成

“昭和の香り”色濃く残る大阪のイルなゲットー=ドヤ街「西成」・釜ヶ崎は三角公園近くの長屋で生まれ育つ。「今に見とけよ!」精神と冷静な視点、自らの体験を元に「間」を活かした独自のソウルフルな「べしゃり芸」で表現する超オリジナルな世界観は、層が厚くキャラの濃い関西シーンの中でも突出している。KREVA, サイプレス上野&ロベルト吉野, NG HEAD, Home Grown, INFINITY16, 香西かおり, 大西ユカリ, 赤井英和などの競演陣が示すとおり、そのクロスオーバーな資質、ユニークであったかい人間性ゆえに“ジャンルを超えた存在”(にしてRep西成、Hip Hop)として注目され続け、今や名実共に完全なる“大阪名物”となった。2010年11月にセカンドアルバム『I・N・G』を昭和レコードよりリリース、その人間味溢れる描写が幅広く共感を得る。そのアルバムを引っさげ、2011年3月4日、地元・通天閣の真下にて行われた初のワンマンライブはまさに独演会と言える内容で、ほぼ全編を1本マイクで満員御礼の観客を2時間半にわたり惹き付け切った。7月にリリースされた初のライブDVD『独演会~通天閣からこんにちは~』にその模様が凝縮されている。明けて2012年3月、人権啓発キャンペーンの一環として、地元である西成区役所から依頼を受けて区役所に隣接するフィルハーモニー会館でライブを行う。行政とのコラボはHIP HOPのアーティストでは初の試みであり、地元を愛するSHINGOならではのこと。また、3rdアルバム『ブレない』を2012年7月にリリース。そのアルバムからの押し曲「大阪UP」プロモーションビデオでは、大阪をベースとするアーティスト/スタッフが100人以上が参加し、話題に。youtubeにアップされている各地版リミックスも依然注目を集めている。2013年6月、 SHINGO★西成の人間性を焦点に描いたドキュメンタリー『西成をうたうアーティスト~歌いたい 叫びたい~』がNHK総合テレビで放送され、大きな反響を得る。そして4thアルバム『おかげさまです。』を年内にドロップ予定ただいま鋭意制作中。八面六臂で動き続けるSHINGOに「油断すな!」
http://shingonishinari.jp/

 

odajimahitoshi_07 小田島等
イラストレーター/デザイナー。東京生まれ。
95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。
近年では展示活動も精力的に行う。
近著に自身のアーカイブ的作品集「ANONYMOUS POP」(P-vine books)がある。
http://odajimahitoshi.com/

 

中村悠介JPG 中村悠介(雑誌編集者)
雑誌『IN/SECTS』編集者。京都市在住。1976年生まれ。大阪への通勤は12年目。
http://www.insec2.com/

 

共同企画:insects-logo
 


RECOMMEND

  • Photocopy/session1 フォトコピー・トーク・セッション1
  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」