• HOME
  • TALK
  • 私たちの大阪は~OUR OSAKA VISION 2013~
TALK

私たちの大阪は~OUR OSAKA VISION 2013~

ourosakawebB

 

大阪には、“たこ焼き”ではない差異がある。ならば、大阪らしさとはなにか?
複雑に入り組んだ現代の大阪に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に…。
つまりパブリックイメージの分析、そして21世紀の大阪的なるもの、を参加者で検証、考えてみるカルチャー講座です。
大阪を新鮮な角度からリスペクトしたい方は勿論、大阪初心者の方こそ、ぜひともご参加くださいませ。
各120分間の全5夜でお届けいたします(通しでなく1夜のみのご参加も可能です)。
なお、このイベントは雑誌『IN/SECTS』との共同企画となります。

 

参加費 各回2000円(雑誌『IN/SECTS』Vol.5付)
5回通し8500円(雑誌『IN/SECTS』Vol.5付)

 

会場 中之島デザインミュージアム de sign de

 

予約方法 件名に「OUR OSAKA」と明記し、参加希望の開催日程、お名前、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスをinfo@designde.jp宛にお知らせ下さい。追ってご返信します。

 

第1夜
5月30日(木) 19:00~
『外から見た大阪は』
ゲスト/小田島等(イラストレーター、デザイナー)
司 会 /中村悠介(IN/SECTS編集部)

 

odajimahitoshi_07 小田島等 http://odajimahitoshi.com/
イラストレーター/デザイナー。東京生まれ。
95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。
近年では展示活動も精力的に行う。
近著に自身のアーカイブ的作品集「ANONYMOUS POP」(P-vine books)がある。

 

中村悠介JPG 中村悠介(雑誌編集者)http://www.insec2.com/
雑誌『IN/SECTS』編集者。京都市在住。1976年生まれ。大阪への通勤は12年目。

 

第2夜
8月1日(木) 19:00~
『映画と演劇から見た大阪は』
ゲスト/西尾孔志(映画監督) 益山貴司(劇団 子供鉅人)
司 会 /小田島等(イラストレーター、デザイナー) 中村悠介(IN/SECTS編集部)
今回ゲストには、今秋公開となる大阪・天王寺を舞台にした映画『ソウルフラワートレイン』の西尾孔志監督、そして大阪・谷町六丁目を中心に活動する劇団 子供鉅人の益山貴司座長をお迎えします。
大阪に地に足ついた彼らの大阪観から、“大阪的なるもの”を探ってみたいと思います。内容は、映画制作、演劇制作の現場から、見えてくる大阪とは?
そして大阪で、映画と演劇で、果たしてやっていけるのか? いけてるのか? いくつもりでいるのか?などなど。
彼らの大阪での活動のアザーサイドを知りたい方はもちろん、大阪を新鮮な角度からリスペクトしたい方、大阪初心者の方、そして大阪で作家活動を志す方こそ、ぜひともご参加くださいませ。ちなみに前回は小田島等さんによるカラオケ、「大阪で生まれた女」の熱唱もあり、ということで今回は…?
乞うご期待です。※雑誌『IN/SECTS Vol.5』大阪特集号付。トークは120分を予定しています。

 

西尾孔志 西尾孔志(映画監督/京都造形芸術大学講師)http://www.damdamtuushin.com/nishio/nishio.html
1974年生まれ。映画監督、大学・専門学校講師。10代から京都の撮影所で働き、深作欣二監督ら巨匠の現場を体験する。大阪に戻って撮った自主制作映画『ナショナルアンセム』(2003年)が好評を得て、大阪市映像文化振興事業「CO2」第1回助成監督としてグランプリを受賞。関西に映画を作る場が必要と考え、同映画祭の運営ディレクターを4年間務める。現在は映画監督として活動しつつ、芸術大学・映像専門学校講師を務め、若手監督向けのワークショップを開催する等、若手育成にも力を注いでいる。監督作『ソウル・フラワー・トレイン』(原作:ロビン西、主演:平田満、音楽:少年ナイフ)が公開待機中。

 

益山貴司 益山貴司(劇団子供鉅人 代表) http://www.kodomokyojin.com/
1982年大阪森町生まれ。劇作家、演出家、俳優。劇団子供鉅人代表。これまで、子供鉅人のほとんどすべての作・演出を行う。お化けと女の子に怯える幼少期を過ごした後、20世紀の終わり頃に演劇活動を開始する。作風は作品ごとに異なり、静かな会話劇からにぎやかな音楽劇までオールジャンルでこなす。一貫しているのは「人間存在の悲しみと可笑しさ」を追求することである。

 

共同企画:insects-logo


RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」
  • this year’s model オープニングトーク