• HOME
  • WORK SHOP
  • de sign de > する
    筆墨硯紙と暮し:自由な文字を手にするヒント
WORK SHOP

de sign de > する
筆墨硯紙と暮し:自由な文字を手にするヒント

学校で使っていた書道箱が眠っていませんか?きっかけさえあればもう一度書に取り組みたい方も多いはず。きれいな文字とは?個性的な文字とは?紙に筆を走らせ自由な文字の形をつくることで、自分らしい表現を目指します。各回に制作する作品はお持ち帰り頂き、暮しの中で生きていきます。また、始めて筆を持つお子さんの参加も歓迎です。より自由な文字をカタチにしましょう。

講 師 川尾朋子(書家)
日 程 11月11日(日)15:00~16:30 / 「表札―自分の名前」
12月16日(日)15:00~16:30 / 「年賀状―大切な人への言葉」
2013年1月13日(日)15:00~16:30 / 「色紙―今年の言葉」
会 場 中之島デザインミュージアム de sign de >” width=”80″ height=”18″ /></td>
</tr>
<tr>
<th style=参加費 2,500円(材料費込み/1回)
申込方法 件名に「筆墨硯紙と暮し」と明記し、お名前、参加希望日時、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスをinfo@designde.jp宛にお知らせ下さい。追ってご返信します。

*材料準備の都合上、開催の一週間前までにお申し込みください。
*筆(どんな大きさの筆でも可)、硯、固形墨、毛氈(フェルトでOK)、文鎮筆、墨、硯などの道具はご用意ください。
*お持ちでない方への道具販売も可能です。予約時に購入希望の旨をお知らせください。

川尾朋子

川尾朋子(かわおともこ)

書家。6歳より書を学び、公募展/国際展で多数受賞。2004年より祥洲氏に師事。近年は、点と点との間にある見えない空中での筆の動きに着眼した、「呼応」シリーズを展開。展覧会出展のほか、阪急嵐山駅「嵐山」などのロゴ文字、百貨店のウインドウ、ミュージシャンやファッションブランドとのコラボレーション、集音マイクを使用したライブパフォーマンス、障害のある方へのワークショップなど、国内だけでなく海外にも活動を拡大し、書の可能性を探求する。2012年は1年を通して大丸京都店エントランスモニターにて二十四節気を書いた作品が放映されている。 1977年兵庫県生まれ 同志社女子大学卒業 京都在住。

主 催 中之島デザインミュージアム de sign de >” width=”80″ height=”18″ /></td>
</tr>
<tr>
<th style=問合せ先 530-0005 大阪市北区中之島5-3-56 中之島バンクスEAST
Phone. 06-6444-4704 , Fax.06-6444-4705
Email. info@designde.jp / www.designde.jp

RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • de sign de > する<br />いけばな 山村流
  • 淀川テクニック ワークショップ「ゴミも光る!2」
  • de sign de > する<br />いけばな 山村流
  • 大平博士の超ド級ツッコミワークショップ「なんでやねん!」
  • 淀川テクニック ワークショップ「ゴミも光る!」
  • Fab School Osaka 2014 @de sign de >
  • de sign de > する<br />プレゼントのための花活け講座