• HOME
  • EXHIBITION | TALK
  • Kawaii Zakka 展覧会 〜カワイイとカワイクナイの間〜
EXHIBITIONTALK

Kawaii Zakka 展覧会 〜カワイイとカワイクナイの間〜

kawaii zakka展覧会

共に「私」という絶対的主観を伴う「カワイイ」と「カワイクナイ」。「日本」という限定された文化・言語地域の中で共有されるその感覚を、国外に向けて、言葉を使わない媒体を通じて発信したとき、その境界と均衡はどこに見い出されるのでしょうか?本展の全作品を通じて、「カワイイ」を言葉ではなく感動で共有できれば、これ以上幸せな事はありません。

会 期 2012年7月14日(土) 〜 7月22日(日)
会期終了しました
開館時間 12:00 – 19:00 (会期中無休・14日のみ21:00まで)
入場無料
会 場 中之島デザインミュージアム de sign de >” width=”80″ height=”18″ /><br />
530-0005 大阪市北区中之島5-3-56 中之島バンクスEAST 2階<br />
Phone. 06-6444-4704 , <a href=www.designde.jp
出品作家 AZUSA IIO、IRIIRI、fresco、Subikiawa食器店、Mika Tsutai、PANTALOON
Tambourine of the Pole Star、夜長堂、Marie-Aurore Stiker-Metral、ハタノワタル

いま日本人が「カワイイ!」と共感する手づくりの作品・製品を、海外で「Kawaii Zakka」として発信したら、言葉や文化の壁を乗り越え、「カワイイ」を言葉ではなく感動で共有できるのだろうか?

これをテーマに2012年1月、フランス・パリのマレ地区で、関西を拠点に活躍するクリエイター9人を紹介する展覧会「l’exposition Kawaii Zakka 〜entre kawaii et kawaikunai〜」 (訳:Kawaii Zakka展覧会 〜カワイイとカワイクナイの間〜)を開催しました。結果として、仏全国紙「Le Monde」に掲載される等、高い評価を得る事が出来、「Kawaii」が世界中で認知されている価値の高い日本文化であること、そして「カワイイ!」の感動が本展の作品・製品を通じて、言葉を超越して伝わったことを実感しました。

そして、あえて共通言語地域である日本で帰国展を開催し、「カワイイ雑貨」ではなく「Kawaii Zakka」として紹介する意図とは?国外でも高い評価を得た本展の出品クリエイターたちは、「芸術」でも「工芸」でもない分野の制作者・デザイナーです。この分野を「Kawaii Zakka」と再定義し、関西発の文化として確立するための試みです。

■出展作品

AZUSA IIO

PANTALOON

Mika Tsutai

Tambourine of the Pole Star

fresco

Marie-Aurore Stiker-Metral

IRIIRI

夜長堂

ハタノワタル

Subikiawa食器店

■ スペシャルイベント * 最新のイベント情報はこちらをご覧下さい

○ オープニングパーティー

パリ展のオープニングパーティーを再現。ミニおにぎりミニMISO SOUPを振る舞います。

開催日時 7月14日(土) 18:00 〜
○ BAR「パリナイト」

Kawaii Zakkaスペシャルバー。パナシェ(ビールをレモネードで割ったフランスのドリンク)などでお楽しみ下さい。

開催日時 7月15日(日) 16:00 〜 21:00
ワンドリンク500円
○ ナイトマルシェ

古本やヴィンテージ雑貨が並ぶ、パリの蚤の市をイメージさせる夜限定のマーケット。屋外広場にて。

開催日時 7月14日(土)、15日(日) 16:00 ~ 21:00
入場無料

*ナイトマルシェ出店者を募集しています。
雑貨、クラフト、古本、野菜など販売しませんか?
出店料:3000円/1日、6000円/2日

その他:
車での出店はできません。車の乗り入れは事前登録したもののみ、搬入出時は可能。留置は不可。
テント、販売台、照明を各店にてご用意下さい。テントは1.8m×1.8m大を想定しています。大きなものを持ち込まれる場合はお知らせ下さい。
移動店舗の許可をお持ちの場合のみ、食品の販売が可能です。
電源はご用意しますが、延長コードをお持ちいただけると助かります。
雨天の場合は中止いたします。
出展の申込みは、お名前/屋号、商品詳細、ホームページ(お持ちの場合)、参加日を下記宛先までメールにてお送りください。

申込み・お問合せ
中之島デザインミュージアムde sign de >
担当:田村 武
info@designde.jp

○ 関西クリエイター’sミュージアムショップ

関西に縁のあるKawaii Zakkaクリエイターと、彼らを支援する店舗を集めたミュージアムショップ。

開催日時 会期中常時開催
入場無料
○ シンポジウム A
7月14日(土) 14:00〜15:30 / 入場無料・申込不要

「Kawaii Zakkaの可能性」

スピーカー 岡田栄造(京都工芸繊維大学准教授)・井上雅人(武庫川女子大学講師)
たかぎみ江(ぽむ企画)・多田智美(MUESM・編集者)
○ シンポジウムB
7月15日(日) 13:00〜15:30 / 入場無料・申込不要

◎ 13:00 〜 13:30
「パリのクリエイター支援施設『アトリエ・ド・パリ』とは?」

スピーカー 石山暁(タピエ)

◎ 13:30 〜 14:00
「フランス / 日本・Kawaiiで成功したプロフェッショナルたち」

ナビゲーター 玉井恵里子(タピエ)

◎ 14:00 〜 15:30
「パリ注目のプロダクトデザイナー『実現のプロセス』」

スピーカー マリーオロル・スティケメトラル(通訳あり)

■ 出品作家プロフィール一覧

AZUSA IIO / 飯尾梓沙(シンボリックアクセサリー)

京都市立芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2006年より活動。大阪、京都、札幌にて個展開催。写実的な描写に、ユーモアのスパイスを加えたアクセサリーを制作。ひとつの芸術作品を身につける事によって日常を非日常に演出する。
http://azusa-iio.com/

IRIIRI / 入江優子(にんぎょう)

大阪芸術大学工芸学科卒業。2000年より活動。2003年より毎年個展開催。障害者福祉作業所技術指導員も勤める。創造力の赴くまま、布と対話するように作品をつくり、出来上がるにんぎょうは全て一点もので、いつまでも色褪せない魅力を持つ。
http://blog.livedoor.jp/iriiri_doll/

Subikiawa食器店 / スビキアワ(食器・絵)

2005年より始動。2007年 小店「真夜中食器店」開店(京都 〜2011年)2010年 本店「コビト会議」開店(京都)「卓上のサーカス!」をテーマに一連の作品を展開している。緻密に描かれたイラストが、食卓で踊り歌う様な、混沌としたエネルギーを感じる。
http://subikiawa.petit.cc/

ikuko matsuo / 松尾郁子(tambourine of the polestar)(平面・アクセサリー)

京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画卒業。
アトリエ・ログハウス(http://atelier-loghouse.com)主宰。
2007年 Elisabeth Amzallag-Auge(Centre Pompidou)とのコラボレーションワークショップ開催。
2011年三姉妹によるブランドtambourine of the polestarを開始。
2012年tambourine of the polestar個人制作発表へ展開。
http://tambourine-polestar.com/

ハタノワタル / ハタノワタル(和紙)

多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。黒谷和紙にて職人の修行を経て2000年に黒谷和紙漉き師として独立。2007年京もの認定工芸士認定。日本の昔から伝わってきた技法、素材で紙を漉き、現代の暮らしに合う和紙製品を制作。使えば使うほど和紙特有の強さや美しさが伝わる。
http://www.hatanowataru.org/

PANTALOON(デザイン・造形)

PANTALOONは空間・プロダクト・グラフィックなどのデザイン事務所。造形作家の曽田朋子とともに、2009年にSEAM!シリーズを発表。たった一本の糸を「縫い続ける」という単純な行為によって構成された作品。身につける人の想像力と作品が引き合い新しい形が生まれる。
http://www.pantaloon.org/

fresco / 代表・辻野剛(ガラス製品)

2005 年、20 年以上のガラス工芸技術の実績を礎に「fresco」ブランド立上げ。ブランドの持つ “信頼性” と、ハンドメイドによる“オリジナル性” を両立することをテーマに現代の生活環境にガラスという素材で、様々な提案を行う。2005~08年朝日現代クラフト展入選。
http://www.studio-fresco.com/

Mika Tsutai / 津田井美香(プロダクトデザイン)

京都工芸繊維大学造形工学課程卒業。JIN’s EYEWEAR DESIGN CONTEST 2008 優秀賞。Tokyo Midtown Award 2010 柴田文江賞。大学の卒業制作としてマンガ皿を発表。マンガ皿は食べ物をのせるとマンガの1コマになる皿。組み合わせることで食卓にマンガが出現する。ミニマリズムなユーモアが光る作品。
http://mika-tsutai.cdx.jp/

夜長堂 / 井上タツ子(デザイン・企画)

2006年から活動開始。布もの・紙製品など、メーカーとのコラボレーション商品企画も行うなど幅広く活動している。2009年自身の活動と図案について紹介した「乙女モダン図案帖」(PIE BOOKS)を出版。書籍は海外にも出版され、日本に憧れる人々から注目を集めている。
http://www.yonagadou.com/

Marie-Aurore Stiker-Metral / マリーオロル・スティケメトラル(プロダクトデザイン)

2007年フランス・ENSCI-Les Ateliers卒業。仏家具メーカーLigne Rosetから“La Pliée(折り畳み)”椅子を発表。卒業制作では “国内の技術(裁縫、刺繍、レース、マクラメ、織り、編み)”を研究し、Audi Talents Awards 2010を受賞。現在は、日本の伝統技術、とりわけ甲冑制作技術に興味を持ち、大阪市・パリ市人材交流事業を通じて、2012年9月まで日本に滞在予定。
http://www.mastikermetral.com/

主 催 Kawaii Zakka展覧会実行委員会
後 援 近畿経済産業局、大阪市、財団法人大阪デザインセンター、大阪商工会議所
公益財団法人大阪市都市型産業振興センタークリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
協 賛 株式会社アイ・プランニング、LIGNE ROSET、ドリームベッド株式会社、株式会社タピエ
デザイン協賛 有限会社サファリ
協 力 中之島デザインミュージアム de sign de
企画
総合ディレクション
株式会社タピエ
協力店舗 ART HOUSEオソブランコカナリヤcocoaDent-de-lion22家関西つうしん雑貨店おやつ

 

RECOMMEND

  • 山本浩二個展 Another Nature × 老松 / 新作
  • Photocopy/session1 フォトコピー・トーク・セッション1
  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”