• HOME
  • TALK
  • KANSAI 6 EXHIBITION IN OSAKA |ONOMATOPOEIA|
    つながる建築・ひらかれる言葉
    RELAY TALK 2
TALK

KANSAI 6 EXHIBITION IN OSAKA |ONOMATOPOEIA|
つながる建築・ひらかれる言葉
RELAY TALK 2

KANSAI6 RELAY TALK2

我々はどこから来てどこに行くのか、
永遠のテーマだ。
成行きといきがかりそしてめぐり合わせを繰り返し
風に吹かれて彷徨う。
何かを中心にグルグルまわりながら
どれだけの差異を生み出させるのだろうか。

藤浩志 Profile

1960年鹿児島県生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇活動に没頭した後、地域社会を舞台とした表現活動を志向し、京都情報社を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「京都アートネットワーク」の企画以来、全国各地のアートプロジェクトの現場で「対話と地域実験」を重ねる。同大学院修了後青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。建築計画・都市計画事務所勤務を経て 1992 年、藤浩志企画制作室を設立。地域資源・適正技術・協力関係を活かした活動の連鎖を促す美術類のデモンストレーションを実践。現在神戸大学非常勤講師。NPO法人プラスアーツ副理事長。http://geco.jp

遠藤秀平 Profile

1960年滋賀県生まれ。1986年京都市立芸術大学大学院修了。石井修/美建・設計事務所。1988年遠藤秀平建築研究所設立。2000年第7回ヴェネツィア・ビエンナーレ サードミレニアム建築大賞受賞。アーキテクチュラルレビュー ar+d大賞受賞。2003年芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2004年第9回ヴェネツィア・ビエンナーレ 金獅子特別賞受賞。2009年ARCHIP建築賞2009受賞。2004年ザルツブルクサマーアカデミー教授。2007年~神戸大学大学院教授。
www.paramodern.com

* リレートークへの参加予約方法:件名に「KANSAI 6 リレートーク」と明記し、参加希望のトーク日程、お名前、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスを〈info@designde.jp〉宛にお知らせください。追って返信します。

RECOMMEND

  • Photocopy/session1 フォトコピー・トーク・セッション1
  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」