• HOME
  • TALK
  • KANSAI 6 EXHIBITION IN OSAKA |ONOMATOPOEIA|
    つながる建築・ひらかれる言葉
    RELAY TALK 1
TALK

KANSAI 6 EXHIBITION IN OSAKA |ONOMATOPOEIA|
つながる建築・ひらかれる言葉
RELAY TALK 1

KANSAI6 RELAY TALK 1

オノマトペもまた言語の一様態である。
空間を言語で語ることは可能だろうか。
言語を空間に置き換えることは可能だろうか。
折しも『「ぐずぐず」の理由』と題したオノマトペ論を
上梓した鷲田清一さんと語り合います。

鷲田清一 Profile

1949年京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。関西大学文学部教授、大阪大学大学院文学研究科教授、大阪大学副学長、同総長を経て、現職。これまで哲学の視点から、身体、他者、所有、モード、ケア、国家などを論じるとともに、さまざまな批評活動をおこなってきた。近年は哲学の思考を社会の問題発生の現場につなげる「臨床哲学」のプロジェクトに取り組んでいる。

宮本佳明 Profile

1961年兵庫県生まれ。1984年東京大学工学部建築学科卒業。1987年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。1988年アトリエ第5建築界設立、2002年宮本佳明建築設計事務所に改組。大阪芸術大学准教授を経て、現在、大阪市立大学大学院教授。1996年第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展 金獅子賞。1998年JCDデザイン賞 ジャン・ヌーベル賞、JIA新人賞。2007年日本建築家協会賞、建築士会連合会賞優秀賞。2008年JCDデザイン賞金賞。2010年建築士会連合会賞優秀賞。主著に『環境ノイズを読み、風景をつくる。』(彰国社)、『Grown』(フリック・スタジオ)。
www.kmaa.jp

* リレートークへの参加予約方法:件名に「KANSAI 6 リレートーク」と明記し、参加希望のトーク日程、お名前、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスを〈info@designde.jp〉宛にお知らせください。追って返信します。

RECOMMEND

  • Photocopy/session1 フォトコピー・トーク・セッション1
  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」