• HOME
  • TALK
  • 倉方塾「建築家が社会にもっとできること」
    KURAKATA JUKU 2
TALK

倉方塾「建築家が社会にもっとできること」
KURAKATA JUKU 2

倉方塾2

長坂氏の手にかかれば、平凡なビルも不思議にアーティスティックな空間に早変わり。しかし、リノベーションの魔術師の射程は、単体の建物に留まらない。現在進めている東日本大震災被災地の瓦礫流木を使ったプロジェクトなどを通して、その手法と公共性に迫る。

JO NAGASAKA

1971年大阪生まれ。1998年東京藝術大学美術学部建築学科卒業、スタジオスキーマ(現:スキーマ建築計画)開設。2007年事務所を上目黒に移転し、ギャラリーなどを共有するコラボレーションオフィス happa を設立。設計作品に《Sayama Flat》、《奥沢の家》、《LLOVE》(アーキテクトディレクター、デザイナー)ほか。著書に『B面がA面にかわるとき』(大和プレス)。

* 倉方塾への参加予約方法:件名に「KANSAI 6 倉方塾」と明記し、参加希望のトーク日程、お名前、連絡のつく電話番号、Eメールアドレスを〈info@designde.jp〉宛にお知らせください。追って返信します。

RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」
  • this year’s model オープニングトーク