• HOME
  • TALK | WORK SHOP
  • de sign de > 本の時間
    ビブリオテーク208.ext 移動美術資料室 ~de sign de > 篇~
    「ブック・アートの魅力」
TALKWORK SHOP

de sign de > 本の時間
ビブリオテーク208.ext 移動美術資料室 ~de sign de > 篇~
「ブック・アートの魅力」

ブック・アートの魅力

本はただ読めればそれで良い、というものではないでしょう。内容に応じた文字の形や大きさの決定と配置、紙の選択や全体の造作ー普通はタイポグラファーや装幀デザイナーが活躍する場です。今回はアーティストが、本の構造そのものに独自な工夫を凝らした本、もはや本を越えているような本を複数紹介します(便宜的にそうした本を「ブック・アート」と呼んでいます)。
短時間のトークの後、実際に手に取ってご覧いただくことで、「ものとしての本」の魅力を味わっていただきたいと願います。(資料室管理人:森下明彦)

開催日時 2011年9月17日(土) 17:00 ~ 19:00
*このイベントは終了いたしました
会 場 中之島デザインミュージアムde sign de >” width=”80″ height=”18″ /></td>
</tr>
<tr>
<th style=定 員 20名程度(予約の方優先)
参加費 ¥500

今回の移動資料室に並ぶ主な本たち(予定):

  • 未来派、デペーロのボルトで製本した本
  • アーティスト・ブックの嚆矢、エド・ルシェの『26のガソリン・スタンド』
  • 柏原えつとむの『これは本である』という書名の本

その他、マルセル・デュシャン、ブルーノ・ムナーリ、杉浦康平、大竹伸朗など、当日いらしてのお楽しみとします(一部復刻版を含みます)

森下明彦(メディア・アーティスト/美術愛好家)
美術大学教員を2010年3月に退職し、現在は美術と映像に関する研究を続けながら、美術資料室の開設・公開を準備中。「ビブリオテーク208.ext ~移動美術資料室がCAPにやって来る!」をC.A.P.(神戸市)にて月1回開催中。また、国立国際美術館客員研究員として「中之島映像劇場」という名称の上映会の企画に携わる。次回は10月22~23日、「日本のビデオアートー1980年代ー」を上映予定。
主 催
問合せ
申込先
中之島デザインミュージアム de sign de >” width=”80″ height=”18″ />/協力:Bibliotheque208530-0005 大阪市北区中之島5-3-56 中之島バンクスEAST<br />
Phone. 06-6444-4704 , Fax.06-6444-4705<br />
Email. <a href=info@designde.jp / www.designde.jp

*お申込の際には、お名前、電話連絡先、Eメールアドレス、受講希望回をお知らせください。事務局より追って連絡を差しあげます。

RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • de sign de > する<br />いけばな 山村流
  • 淀川テクニック ワークショップ「ゴミも光る!2」
  • de sign de > する<br />いけばな 山村流
  • 大平博士の超ド級ツッコミワークショップ「なんでやねん!」
  • 淀川テクニック ワークショップ「ゴミも光る!」
  • Fab School Osaka 2014 @de sign de >
  • de sign de > する<br />プレゼントのための花活け講座