• HOME
  • TALK
  • 「epiphany〜世界を発見する方法〜」トークセッション:「アートをつなぐ仕事—現場から見えてくる可能性—」
TALK

「epiphany〜世界を発見する方法〜」トークセッション:「アートをつなぐ仕事—現場から見えてくる可能性—」

ギャラリー以外での作品紹介を行う可能性や、鑑賞者への新しいアプローチの魅力について、ゲストスピーカーを迎えてディスカッションします。

開催日時 2011年7月16日 (土) 18:00 〜
スピーカー 奥村くみ (インテリア・アートコーディネーター)
高田佳江(ホテルグランヴィア大阪 広報担当)
森山貴之 (京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/本展キュレーター)
司 会 宮本典子 (ART OSAKA 事務局)
会 場 中之島デザインミュージアム de sign de >
定 員 50名 (要事前予約)
参加無料
*予約申込先 中之島デザインミュージアム事務局 Tel.06-6444-4704/ info@designde.jp
トーク名と参加者のお名前、連絡先をお知らせください。

■講師紹介

奥村くみ
奥村くみ (おくむら・くみ/インテリア・アートコーディネーター)

関西学院大学卒業後、インテリアデザイン事務所アシスタントを経た後、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなどを手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合を目指して、アート・コーディネートの仕事を立ち上げる。サロン形式の教室「アートでおもてなし」やインテリア関連イベントでのレクチャーなどを通じて「アートのある暮らし」を提案する。

http://www.allier.jp/

高田佳江
高田佳江 (たかた・かえ/ホテルグランヴィア大阪  営業企画部 広報担当)

1993年ホテルグランヴィア大阪に入社。販売促進本部で約9年法人営業を担当するなどした後に企画部に配属、現在に至っている。広報として販売商品のPRはもちろんのこと、ホテル全般にわたる企画の初期段階から携わり、これまでにない新たな切口の提案など広報・マーティングの視点からの企画造成にも力を発揮している。

森山貴之
森山貴之 (もりやま・たかゆき/京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/本展キュレーター)

京都市立芸術大学大学院博士後期課程修了。
カスタマイズ、パーソナルファブリケーションといったユーザー主体のデザイン環境について研究。現在、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)学芸員。
オルタナティ ブスペースCAVE(京都) 共同代表。

RECOMMEND

  • de sign de > が動きます。
  • 伊丹豪 | RODIN / starman
  • 山本浩二展 もうひとつの自然 Another Nature × 生きている老松 A Living Old Pine
  • 対談 山本浩二 × 光嶋 裕介(建築家) “絵画と建築”
  • 「真ん中をゆくデザイン」柴田文江×服部滋樹クロストーク
  • 月刊島民創刊7周年特別展 “中之島を描く”
  • 伊丹豪「this year’s model」
  • this year’s model オープニングトーク